『ラトビア歌と踊りの祭典』合唱王国の大規模イベントに感動!

合唱

ラトビアで開催される『歌と踊りの祭典』は、1873年以来、5年ごとに開催されている国を挙げての文化イベントです。

祭典はユネスコの無形文化遺産にも登録されています。

2018年は開催年でした。

その祭典の様子やラトビアという国について見ていきましょう!

 

ラトビア歌と踊りの祭典

会場となる野外公園メジャパークでも、ステージの拡張工事が始まった。35,000人分の座席シートと60,000人分の立見席が設置され、11,000人が歌うステージからは、クリアで美しい歌声がパーク中に響き渡ることだろう。

旅コムより引用

11,000人が歌うステージ!?

規模の大きさがうかがえます。

 

祭典の紹介動画

Latvian Nationwide Song and Dance Celebration

合唱している映像がありますが、これ観客ではなくて出演者ですからね!

これで観客まで歌い始めたら合唱の世界記録を狙えそう。

 

関連記事:ギネス記録!合唱人数の世界最多は14,100人

 

15,000人のダンサーはオリンピックのようで圧倒されます。

どうやって練習するのでしょうか…?

 

2018年祭典の様子

美しい歌声に感激しました。(4:27〜)

Zigmara Liepiņa un Māras Zālītes fragments no rokoperas Lāčplēsis [Dziesmu un deju svētki 2018]

 

 

壮大な音楽

Lec, saulīte! (Dziesmu un Deju svētki 2018)

 

 

夜の合唱、手に持ったライトが美しく会場を彩ります。

感動のあまり涙する女性も。

 

Virs galvas mūžīgs piena ceļš – XXVI Dziesmu svētku un XVI Deju svētku noslēguma koncerts

素敵なイベントですね。

ラトビアは合唱大国といわれています。

日本の『和食』にあたるものが『合唱』なんですよ。

 

ラトビア共和国

ラトビアはリトアニアとエストニアの間に位置する、バルト海に面した国です。その景観は、長く広がるビーチと広大な森林が特徴です。首都リガにはアールヌーボー様式の木造建築物や大きな中央市場、そして聖ペテロ教会のある中世の旧市街があります。また、現地の工芸品、音楽、食べ物に関するラトビア野外民俗博物館などの博物館もあります。

バルト三国のひとつ、と聞くとわかる方もいますよね!

 

合唱
スポンサーリンク
記事が気に入ったらイイネしてね♪
最新情報をお届けします。
この記事が気に入ったら友達に教えよう!
UNISON(V)【ユニゾンブレス】