さくらももこさん作詞の合唱曲『ぜんぶ』の歌詞と歌に涙

合唱

「ちびまる子ちゃん」で知られる漫画家のさくらももこさんが15日、乳がんで亡くなったと報じられました。

多数の方から悲しみの声が届く中、さくらももこさんが作詞した合唱曲が泣けるという声がありましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

『ぜんぶ』詞:さくらももこ 曲:相澤直人

歌詞

ぜんぶ

大切なことは
ぜんぶここにある。
泣くこと 笑うこと
怒ること 喜ぶこと
あたりまえの気持ちは
あたりまえのものとして
そのまま 今ここにある。
もうどこへも行かなくても
なんにもしなくても
どこへ行っても
何をしても
ぜんぶそのままだ。

引用元:集英社文庫

合唱動画

ぜんぶ (詞:さくらももこ 曲:相澤直人) harmonia ensemble

この詞は2003年に発表された『まるむし帳』の一遍です。

 

さくらももこ

さくら ももこは、日本の漫画家、作詞家、脚本家。また、自身の少女時代をモデルとした代表作『ちびまる子ちゃん』の主人公の名前でもある。静岡県静岡市清水区出身。血液型はA型。身長159cm。

出典:ウィキペディア

 

さくらももこさん、素晴らしい曲と、素敵な作品をありがとうございます。

ご冥福をお祈りいたします。

関連記事:さくらももこ『ぜんぶ』作曲者の相澤直人氏がオススメする演奏とは?

合唱
スポンサーリンク
記事が気に入ったらイイネしてね♪
最新情報をお届けします。
この記事が気に入ったら友達に教えよう!
UNISON(V)【ユニゾンブレス】